損害賠償で受け取れるもの

交通事故で損害賠償請求をする場合は、慰謝料というイメージが強いですが、実は他にも積極損害・消極損害・物損損害3つの項目が請求できます。それぞれの項目ごとに解説します。

けが積極損害は怪我で治療や通院、入院や手術が必要になった場合にかかる費用のことです。リハビリ費用や介護や付き添いが必要な場合はその費用も含まれます。ただしケースによって請求できる内容は異なります。

消極損害というのは事故の被害者が、交通事故が原因で仕事を休まなければいけなくなった時、働いていれば得られたはずの収入を請求できるものです。消極損害にも種類があり、仕事を休んだ事に対する保証の休業損害、交通事故で重い後遺障害がのこり今まで通り働けなくなった場合の逸失利益の請求というのもあります。

物的損害は車の修理費用や、廃車になり買い替えが必要な場合の費用等です。買い替えや修理をするにしてもその間車がないと生活できない場合は代車が必要ですからその費用も請求できます。

慰謝料は精神的な面と肉体的な面があり、苦痛を受けた代償として請求できるものです。入院、後遺症、死亡と3つの種類があり、それぞれに金額は異なります。このように損害賠償にも種類がある事お覚えておきましょう。