交通事故の損害賠償

交通事故に遭うか遭わないかは、誰にも予測できません。運転をする時に十分注意していても、相手がぶつかってくる可能性もありますから、多くの人は万が一に備えて、任意保険に加入します。もしも事故に遭い被害者となってしまっても、保険会社が阻害賠償金を支払ってくれますので安心できるイメージです。

電卓しかし保険屋もプロですから、できれば損害賠償金は少しでも少なく済ませたいとあの手この手で交渉してきます。相手が一般人の場合は、交渉してもほとんど相手にしてもらないので被害者であるにも関わらず泣き寝入りをしなくてはいけないことになります。こういう時保険屋同士の交渉という方法もありますが、弁護士が間に入ることにより相手側が提示した損害賠償の倍の額を支払ってもらうということも可能になります。ただし条件により内容は異なるので、弁護士が入ればたくさん損害賠償がもらえるというわけではありません。

倍まではいかないとしても、弁護士が間に入ることで、交渉により損害賠償が増える可能性は十分にあります。ここでネックになるのが、弁護士費用です。損害賠償を多く勝ち取れるのは良くても、その分弁護士報酬でごっそり持っていかれると結局損をするのではないか?というイメージがあるのは確かです。しかし受け取れる分が増えれば、弁護士に報酬を支払っても十分手元に残りますので、泣き寝入りするよりはマシですし、治療が必要な場合は治療費や入院費なども請求できます。