弁護士の得意分野

パソコン

交通事故の被害に遭った場合は、加害者が加入している保険屋と交渉になりますが、素人では太刀打ちできないですし、自分が加入している保険屋も思っていたほど役にたたなかったというケースは少なくありません。こういう時、弁護士が間に入るだけで、受け取れる損害賠償の額も増えますし、利用できる保険を最大限に活用できるので、泣き寝入りせずに済みます。

ただし弁護士を立てるにも費用がかかりますし、弁護士にも得意分野と不得意分野がありますので、交通事故に強い弁護士を探すのがポイントになります。全く畑違いの弁護士に依頼するよりも、交通事故に強い弁護士に依頼した方がメリットは増えます

普通に生活していると、弁護士に仕事を依頼するということはほとんどないでしょう。交通事故の被害者になった時、弁護士を探すにもどこを探していいかわからないことが多いです。こういう時はまずインターネットで、交通事故に強い弁護士を探してみましょう。地域による違いもありますが、自分の住んでいる地域を指定して検索すれば、近くの弁護士が探せます。今は無料相談をしているところも多いですし、着手金も無料というのが増えていますので、気軽に相談できるようになっています

参考HP / https://www.ko2jiko.com/
交通事故慰謝料相談を無料で行っている《アディーレ》です。

保険はフル活用する

車衝突車を運転する以上、誰でも交通事故に遭う可能性があります。もちろん交通事故など無縁な方がいいのですが、万一に備えて保険に加入しておきます。自賠責保険は強制ですが、何かあった場合に自賠責保険では限界があり、不安も大きくなるため任意保険にも加入しておきます。月々の保険料はかかりますが、万が一の時任意保険があるのとないのとでは大きく違ってきます。これは交通事故の被害に遭った場合も同じです。

交通事故の被害者になった場合は、まず任意保険を利用しようと考えますが、自賠責保険も利用できるので、保険料を支払っている以上利用できるものはフル活用しましょう。経済的な理由から、強制の自賠責保険には加入するけど、任意保険には加入しないという人もいます。しかし自賠責保険では補償に限界があるので、それをカバーするための任意保険の存在が重要となってきます。

被害者の場合は加害者が加入している任意保険の担当者と交渉する事になりますが、自分が加入している任意保険と自賠責保険も利用できるところは利用しましょう。こういう時弁護士を立てると、保険をフル活用できますし、場合によっては受け取れる保険金の総額も可能となります。活用できるものはできるだけ活用しましょう。

損害賠償で受け取れるもの

交通事故で損害賠償請求をする場合は、慰謝料というイメージが強いですが、実は他にも積極損害・消極損害・物損損害3つの項目が請求できます。それぞれの項目ごとに解説します。

けが積極損害は怪我で治療や通院、入院や手術が必要になった場合にかかる費用のことです。リハビリ費用や介護や付き添いが必要な場合はその費用も含まれます。ただしケースによって請求できる内容は異なります。

消極損害というのは事故の被害者が、交通事故が原因で仕事を休まなければいけなくなった時、働いていれば得られたはずの収入を請求できるものです。消極損害にも種類があり、仕事を休んだ事に対する保証の休業損害、交通事故で重い後遺障害がのこり今まで通り働けなくなった場合の逸失利益の請求というのもあります。

物的損害は車の修理費用や、廃車になり買い替えが必要な場合の費用等です。買い替えや修理をするにしてもその間車がないと生活できない場合は代車が必要ですからその費用も請求できます。

慰謝料は精神的な面と肉体的な面があり、苦痛を受けた代償として請求できるものです。入院、後遺症、死亡と3つの種類があり、それぞれに金額は異なります。このように損害賠償にも種類がある事お覚えておきましょう。

交通事故の損害賠償

交通事故に遭うか遭わないかは、誰にも予測できません。運転をする時に十分注意していても、相手がぶつかってくる可能性もありますから、多くの人は万が一に備えて、任意保険に加入します。もしも事故に遭い被害者となってしまっても、保険会社が阻害賠償金を支払ってくれますので安心できるイメージです。

電卓しかし保険屋もプロですから、できれば損害賠償金は少しでも少なく済ませたいとあの手この手で交渉してきます。相手が一般人の場合は、交渉してもほとんど相手にしてもらないので被害者であるにも関わらず泣き寝入りをしなくてはいけないことになります。こういう時保険屋同士の交渉という方法もありますが、弁護士が間に入ることにより相手側が提示した損害賠償の倍の額を支払ってもらうということも可能になります。ただし条件により内容は異なるので、弁護士が入ればたくさん損害賠償がもらえるというわけではありません。

倍まではいかないとしても、弁護士が間に入ることで、交渉により損害賠償が増える可能性は十分にあります。ここでネックになるのが、弁護士費用です。損害賠償を多く勝ち取れるのは良くても、その分弁護士報酬でごっそり持っていかれると結局損をするのではないか?というイメージがあるのは確かです。しかし受け取れる分が増えれば、弁護士に報酬を支払っても十分手元に残りますので、泣き寝入りするよりはマシですし、治療が必要な場合は治療費や入院費なども請求できます。